書籍詳細:数学文化 第34号

数学文化 第34号

の画像の画像
  • 日本数学協会
  • 編集
  • 紙の書籍
予価:税込 1,650円(本体価格 1,500円)
発刊年月
2020.08
ISBN
978-4-535-60264-9
判型
B5判
ページ数
108ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

AIとはそもそも何か、AIを支える数学とはどのようなものかなど、改めて基本をまなぶ特集、入試改革をめぐる論考など、話題満載!

目次

_____________________________________________

特集=AIの常識と未解決問題
______________________________________

AIと数理
 ――事始め,そしてこれから……甘利俊一

機械学習から見たAIの原理……鈴木大慈

数式・記号処理から見たAIの原理……穴井宏和
______________________________________

●入試・教育改革をめぐって
 高大接続改革の正体……吉田弘幸
 入試改革やコロナ禍から学びを考える……南 良一

●読み物
 ルイス・キャロルの『シルビーとブルーノ』(2)
 ……細井 勉

●歴史小説[第12回]……鳴海 風

●遠山啓『数学入門』を読む[10]……宮永 望

●巻頭言 ……小川 束

●エッセイ……園田 毅/大西信二

●BOOKS……吉田宇一

●数学月間のページ……谷 克彦