書籍詳細:労働法理論の探究

労働法理論の探究

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,950円(本体価格 4,500円)
在庫あり
発刊年月
2020.05(中旬)
ISBN
978-4-535-52485-9
判型
A5判
ページ数
224ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

企業パラダイムの変容を踏まえ、労働法の基礎理論を問い直す。法律時報誌の好評連載に書き下ろしを加えての書籍化。

目次

はじめに……西谷 敏・道幸哲也

1 労働関係法から労働者法へ──労働法の意義論再考……本久洋一

2 労働法における企業パラダイム……矢野昌浩

3 労働法における法律行為──意思と合理性の史的位相変化……米津孝司

4 強行法規はなぜ必要か?――労働法における強行法規と自由意思……水町勇一郎

5 雇用差別禁止法の正統化根拠に関する基礎的考察……石田信平

6 労働者の集団的権利――アメリカの議論を参考に……中窪裕也

7 団交権「保障」の基本問題――「救済」から「促進」へ……道幸哲也

8 『労働法理論の探究』後記……西谷 敏