書籍詳細:経済学を味わう

経済学を味わう 東大1、2年生に大人気の授業

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 1,980円(本体価格 1,800円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2020.04
ISBN
978-4-535-55955-4
判型
四六判
ページ数
304ページ
Cコード
C3033
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

東京大学で、毎回教室が超満員になる大人気講義を書籍化! 世界で活躍するトップランナーが、最新の経済学の世界へナビゲート。

目次

第1章 経済学がおもしろい:ゲーム理論と制度設計……松井彰彦

第2章 市場の力、政府の役割:公共経済学……小川光

第3章 国民所得とその分配:マクロ経済学……楡井誠

第4章 データ分析で社会を変える:実証ミクロ経済学……山口慎太郎

第5章 実証分析を支える理論:計量経済学……市村英彦

第6章 グローバリゼーションの光と影:国際経済学……古沢泰治

第7章 都市を分析する:都市経済学……佐藤泰裕

第8章 理論と現実に根ざした応用ミクロ分析:産業組織論……大橋弘

第9章 世界の貧困削減に挑む:開発経済学……澤田康幸

第10章 歴史の経済分析:経済史……岡崎哲二

第11章 会計情報開示の意味:財務会計と情報の経済学……首藤昭信

第12章 デリバティブ価格の計算:金融工学……白谷健一郎

書評掲載案内

■『毎日新聞』2020年5月30日12面にて掲載
評者:大竹文雄(大阪大学教授)

■『日本経済新聞』2020年5月30日30面にて掲載
評者:前田裕之(編集委員)

■『週刊エコノミスト』2020年6月16日号P52「話題の本」

■『週刊東洋経済』2020年8月1日号 P89「ブックレビュー」