書籍詳細:AIと社会・経済・ビジネスのデザイン

シリーズ:都市経営研究叢書

都市経営研究叢書 第3巻 AIと社会・経済・ビジネスのデザイン

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,970円(本体価格 2,700円)
在庫あり
発刊年月
2020.03
ISBN
978-4-535-58734-2
判型
A5判
ページ数
260ページ
Cコード
C3036
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

あらゆる生活・仕事に入りこむAIは、都市ビジネスと社会経済に革命をもたらす。新時代の社会・経済・ビジネスを探るシリーズ第3巻。

目次

『都市経営研究叢書シリーズ』刊行にあたって
はじめに

第1部 AIとはなにか?

第1章 AIの誕生と今後の展望
1 AIの革命当日まで
2 日本のこれから

第2章 AIとテクノロジー文化論
1 コンピュータ以前のAIのルーツ
2 論理主義からコンピュータへ
3 コンピュータ開発の潮流
4 テクノロジーのもつ意味
5 テクノロジーとAIの未来

第3章 AIの原理・歴史とデータマイニング
1 AIの分野
2 AIの歴史
3 ディープラーニングの原理
4 AIを実務で使うために

第4章 AIソフト:テンソルフローの使い方
1 AIのプラットフォーム
2 例題1
〈線形回帰問題(従来手法とAIがほぼ同じ答えを出す単純予測問題)〉
3 例題2
〈Boston Housing Data(従来手法をAIが追い越す複雑予測問題)〉
4 例題3
〈Moon Data(従来手法でできない非線形〔三日月形〕の二値分類問題〉
5 例題4
〈手書き数字の判別「MNIST」(従来手法でできない多クラス複雑分類問題)〉
6 ニューラルネットワークを使う上での注意点

第2部 AIによるビジネス革命

第5章 AIの経済学的分析
1 はじめに
2 情報流通量の拡大に対する情報経済論的分析
3 IoTの問題
4 ビッグデータの問題
5 AIの問題
6 ICTおよびAIによる経済効果分析
7 総括
8 おわりに

第6章 AIとビッグデータ
1 はじめに
2 ビッグデータとはなにか
3 AIとディープラーニングの関係
4 機械学習、ニューラルネットワーク、ディープラーニングの関係
5 ディープラーニングがもつ優位点
6 ディープラーニングを行う上での問題点と解決策
7 ビッグデータの収集方法
8 AI×ビッグデータが生み出すビジネス価値
9 おわりに

第7章 AIとIoT
1 はじめに
2 IoTとは
3 AIとIoT
4 データ取得と通信手法に必要な技術要素
5 ビッグデータとIoTの関係
6 AIによる分析
7 IoTから得られるデータとわが国の状況
8 AIとIoTによる価値創造に向けて
9 おわりに

第8章 AIとマーケティング
1 企業にとってのマーケティングとは?
2 マーケティング活動におけるAI(人工知能)とは?
3 事例研究
〈AIマーケティングは営業組織の業績向上にいかに寄与するか?〉
4 おわりに

第9章 AIと教育ビジネス
1 はじめに
2 テストと偏差値
3 採点のデジタル化
4 デジタル採点におけるAI
5 添削とAI
6 テストと採点データ
7 合否判定と採点データ
8 著作権処理
9 テキスト
10 教材データベースとデジタル教材
11 授業の映像化
12 保護者とのコミュニケーション
13 さいごに

第10章 AIとクラウドファンディング
1 フィンテック資金調達の代表格
2 クラウドファンディングの創業への活用
3 金融機関とクラウドファンディング運営業者との提携
4 クラウドファンディングの課題
5 結論ーークラウドファンディングの創業への活用
6 おわりに

第3部 AIの社会・経済学

第11章 AIの発展と課題の総括
    ーーAIそのもののデザインのもつ意味と課題
1 AIの発展の分類
2 AIが驚異的に成功した理由
3 ディープラーニング成功の3つの鍵
4 総括

第12章 AIと社会・経済のデザイン
1 AIの各分野への応用問題
2 人に近づくーー脳の研究とAGI(汎用人工知能)
3 雇用問題
4 人間が真に人間らしく生きるためのAIを使った社会経済のデザイン
5 おわりに

_____________________________

●編者紹介[担当章]
_____________________________

村上憲郎/大阪市立大学大学院都市経営研究科教授(実務型専任)、
 元グーグル米国本社副社長兼グーグル日本法人代表取締役社長、
 国際大学GLOCOM客員教授、大阪工業大学客員教授、ほか[第1章]

服部 桂/ジャーナリスト、関西大学客員教授[第2章]

近 勝彦/大阪市立大学大学院都市経営研究科教授[第5章]

小長谷一之/大阪市立大学大学院都市経営研究科教授、
 東京大学空間情報科学研究センター客員教授[第11章、第12章]

_____________________________

●執筆者紹介[担当章]
_____________________________

今井隆志/株式会社エナリス執行役員、
 エナリスみらい研究所カンパニープレジデント[第3章、第4章]

金野和弘/島根県立大学総合政策学部准教授[第6章]

谷本和也/大阪市立大学大学院都市経営研究科客員研究員[第7章]

廣見剛利/株式会社マーケティングデザイン代表取締役社長。
 株式会社マックスヒルズ 第一カンパニー長。
 大阪市立大学大学院創造都市研究科博士(後期)課程在学[第8章]

圓林真吾/メディアオーパスプラス(株)取締役COO[第9章]

中島 晋/中小企業診断士。大阪市立大学大学院創造都市研究科博士
               (後期)課程在学[第10章]