書籍詳細:新・情報学入門

MITエッセンシャル・ナレッジ・シリーズ 新・情報学入門 ビッグデータ時代に必須の技法

の画像の画像
  • 紙の書籍
予価:税込 2,200円(本体価格 2,000円)
発刊年月
2020.03
ISBN
978-4-535-78875-6
判型
四六判
ページ数
224ページ
Cコード
C3004
ジャンル

内容紹介

情報技術(ICT)の進歩によりデータ量は膨大になったが、適切に扱う道具立ては十分でない。SNSが発達した現代における必読書。

目次

第1章 イントロダクション
 情報
 私のパスポート
 分業と「知る必要性」
 他者のアジェンダ
 情報社会
 真理、信頼、信念
 本書の構成

第2章 資料と証拠
 モノとしての情報
 資料とその解剖
 情報テクノロジーの歴史
 データセットの増大
 実践的イニシアチブ
 後で使うときに生じる問題
 書誌学再考
 世界脳およびその他の想像
 まとめ

第3章 個人と共同体[コミュニティ]
 個人がすること
 共同体が知っていること
 文化
 他者の行為としての資料
 社会的なものと個人
 情報の物理的、精神的、社会的次元
 まとめ

第4章 組織化:整理と説明
 コレクション
 整理とリスト
 説明
 コインの整理
 人を説明する
 基本的メカニズム
 クエリ
 まとめ

第5章 名付ける
 トピックの説明
 トピックを名付けるための資料言語
 時間と名付け
 言及と意味
 名付けは文化的である
 まとめ

第6章 メタデータ
 メタデータの第一の目的:説明
 索引を作る
 索引用語
 メタデータの第二の利用法:検索
 引用からリンクへ
 何、誰、どこ、いつ
 索引語同士の関係
 局面と文脈
 まとめ

第7章 発見と選択
 検索と選択
 選別機械の解剖学
 文書を検索する
 図書館目録
 ウェブを検索する
 その他の例
 まとめ

第8章 選択方法の評価
 適合性、再現率、適合率
 無作為抽出の場合、完璧な検索システムの場合、現実的な場合の再現率
 無作為抽出の場合、完璧な検索システムの場合、現実的な場合の適合率
 再現率と適合率とのトレードオフ
 適合性に関するいくつかの問題
 「適合性」が難しい理由
 まとめ

第9章 これまでのまとめと考察
 まとめ
 過去と未来
 コピーすること:口述から文字、そして資料性
 どのような種類の分野か?

付論A 選択を分析する
付論B 情報検索の評価方法