書籍詳細:刑事手続における被害者参加論

刑事手続における被害者参加論

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 7,700円(本体価格 7,000円)
在庫あり
発刊年月
2020.02
ISBN
978-4-535-52443-9
判型
A5判
ページ数
392ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

刑事裁判への被害者参加制度の位置づけについて、米英日の比較分析も踏まえ、三極モデル構造論のもとに理論的に検討する。

目次

第1章 刑事手続における被害者参加論の提起

第2章 モデル構造論によるアプローチの構築

第3章 アメリカの被害者参加論から得られる示唆

第4章 イギリスの被害者参加論

第5章 日本における「被害者中心モデル」の台頭

第6章 日本における「被害者参加制度」創設とその後の展開

第7章 総括