書籍詳細:中国経済の制度分析

中国経済の制度分析 契約理論・ゲーム理論アプローチ

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,730円(本体価格 4,300円)
在庫僅少
発刊年月
2020.01
ISBN
978-4-535-55960-8
判型
A5判
ページ数
208ページ
Cコード
C3033
ジャンル
難易度
テキスト:上級

内容紹介

急速な発展を遂げる中国経済。背景をなす一連の財政改革について、契約理論・ゲーム理論を分析ツールとして体系的に論じた希有な一冊。

目次

1部 中央地方関係

第1章 中国の中央地方政府間財政関係への契約理論分析

2部 所有制改革

第2章 「中国国有企業の民営化問題」への
    不完備契約(資産所有〔財産権〕)アプローチ

第3章 中国浙江省における郷鎮企業の盛衰と市場経済の発展:
    不完備契約理論・ゲーム理論による考察

第4章 MBOを通じた郷鎮企業の民営化:制度の契約理論的分析 

3部 国際経済:貿易 vs 直接投資

第5章 国際寡占におけるダンピング行動とアンチ・ダンピング法:
    無限期間・動的寡占モデルの考察と米中貿易摩擦への含意

第6章 「垂直統合型多国籍企業の出現(外資による国内資産の合併買収)」
    への不完備契約(資産所有〔財産権〕)アプローチ 

4部 産業組織:ゲーム理論を使った事例研究

第7章 ダブルモラルハザード、最適なインセンティブスキーム、
    そして関係的契約:「日中映画共同製作」への契約理論分析