書籍詳細:わたしたちのホンネで語ろう教員の働き方改革

シリーズ:こころの科学増刊

わたしたちのホンネで語ろう教員の働き方改革

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,760円(本体価格 1,600円)
在庫あり
発刊年月
2019.11
ISBN
978-4-535-90454-5
判型
A5判
ページ数
200ページ
Cコード
C9437
ジャンル

内容紹介

なぜ教員の働き方改革は進まないのか。現場教員が学校の実態と、そこで額に汗しながら働く教職員の心性をも含めて抉り出す。

目次

政府の働き改革に歩を合わせるように進むかにみえる教員の働き方改革。2019年1月に出された中央教育審議会の答申はその方向を示しているかにみえるが、メディアの喧伝に比べて、現場の動きは鈍い。「先生も大変ですね」と世論の同情は得られても、なぜ現場で教員の働き方改革が進まないのか。その問題を現場教員が学校の実態と、そこで働く教職員の心性をも含めて抉り出す。
----------------------------------------------------------

刊行にあたって……………岡崎 勝 


PART1 学校暗黒社会 日本型総合的指導の問題

「日本型学校教育」の総合的指導と教師論…………………岡崎 勝 
日本型総合的指導とチーム学校論…………………………赤田圭亮 
「子どもたちのために・子ども中心主義」論の現在
 ーー「安否確認」にみる学校の迷走……………加藤 潤


PART2 学校で働くということ 今、何が起こっているのか

部活動問題を考える
●座談会 部活動問題を考える……内田 良・赤田圭亮・岡崎 勝 

部活動の歴史を振り返る…………………………………中澤篤史 
なぜ、部活動は縮小しないのか?………………………神谷 拓 
小学校部活動改革の現在
 ーー名古屋市立小学校における部活動改革から……橋本英俊 
運動部(中学・高校)における問題……………………朝野公平 
文化部(中学・高校)における問題……………………名児耶 理 
どうして部活にハマるのか?……………………………土井俊介 

教員の労働問題
●座談会 教員の労働問題…………大内裕和・岡崎 勝・赤田圭亮 

残業時間はなぜ減らないのか?(1)…………………長谷川洋子 
残業時間はなぜ減らないのか?(2)…………………関 誠 
休憩時間はなぜ取得できないのか?(1)現場の働き方を俯瞰して
 ……………大和俊広 
休憩時間はなぜ取得できないのか?(2)現場の働き方を俯瞰して
 ……………杉山智香 
研修の時間は確保されているのか? 教育公務員特例法の現在
 ……………渡辺真臣
始業時間と終業時間の問題 なぜ勤務時間と合わないのか?
 ……………深澤由美子
なぜ授業準備の時間が確保されないのか?……………山際敏和
小学校の教科担任制は可能か?…………………………岡崎 勝
変形労働時間制は可能か?………………………………赤田圭亮

時間外労働と給特法の本質

給特法 現場から見る法意と現実の五〇年………………井上 満
夏休み・割り振り・自宅研修は学校現場でどうなっているのか?
 ……………吉田 晃
超勤裁判、措置要求、職場交渉、教育委員会交渉の現在
 ーー全国を展望して…………………高橋秀明


PART3 学校の現在とこれからの展望 どうする学校

何が増えたのか?(1) 教員に振り分けられる様々な地域活動の実態
 ………………大和俊広
何が増えたのか?(2) 教科時数の増加は何をもたらしたか
 ………………福田恵一
プログラミング学習はどうなるのか?………………………岡崎 勝
道徳教育は必要か?……………………………………………赤田圭亮
子どもの人権と教師の人権 対立している場合じゃない………桜井智恵子
中教審は休み時間・昼食時間・掃除の時間を地域ボランティアに任せる
 というが(1) 小学校の場合…………………中島佳菜
中教審は休み時間・昼食時間・掃除の時間を地域ボランティアに任せる
 というが(2) 中学校の場合…………………枝川あゆみ
進路指導の実際 愛知県・中学校の場合……………………伊藤育雄
インクルーシブ教育で学校を変えよう………………………名谷和子
不登校・フリースクールと義務教育民営化への懸念……………山下耕平
住民にとって「学校」とは何か?
 新自由主義的な学校改革の向こう側にあるもの……………山本芳幹
キャリア教育の現実 実践の現場から問題点を明らかにする
 ………………平川正浩
「呪いの言葉」とキャリア教育……………………上西充子

おわりに……………赤田圭亮