書籍詳細:新基本法コンメンタール 親族[第2版]

新基本法コンメンタール 親族[第2版]

の画像の画像
  • 紙の書籍
予価:税込 3,888円(本体価格 3,600円)
発刊年月
2019.09
ISBN
978-4-535-40278-2
判型
B5判
ページ数
420ページ
Cコード
C9432
ジャンル

内容紹介

再婚禁止期間、成年後見人の事務、特別養子に関する改正等、令和元年6月までの法改正に対応し、学習・実務の手引として最適。

目次

 令和元年6月までに成立した法改正に対応して解説を改めた最新版。
 再婚禁止期間の改正、成年後見人の事務についての改正、成年年齢引下げに関する改正、特別養子に関する改正(年齢要件に関する民法改正、二段階の手続を導入する家事事件手続法改正)、子の引渡しに関する民事執行法改正、それに合わせたハーグ条約実施法改正、戸籍システムの基盤整備に関わる戸籍法の改正などにも対応した平易な解説。
 初版同様、民法親族編、任意後見契約に関する法律、後見登記等に関する法律を逐条解説するとともに、「内縁・事実婚」「離婚と所得税」「生殖補助医療」「児童虐待」「ハーグ条約と国内実施法」など、関係するテーマについてもトピックを設けて解説する。
 学習・実務の手引として最適な定番の解説書。

__________________________
親族法概説

 第1章 総則

 第2章 婚姻

 第3章 親子

 第4章 親権

 第5章 後見

 第6章 保佐及び補助

 第7章 扶養

 任意後見契約に関する法律
 
 後見登記等に関する法律