書籍詳細:先端刑法 総論

先端刑法 総論 現代刑法の理論と実務

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,860円(本体価格 2,600円)
在庫あり
発刊年月
2019.09
ISBN
978-4-535-52454-5
判型
A5判
ページ数
288ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

刑事司法・刑事法実務の中で、刑法総論分野に関わる実務と密接な関係がある理論問題を刑法解釈論の立場から詳しく論じる本。

目次

第1章 理論は実務にとってなぜ重要なのか

第2章  「行為」論と「構成要件」論

第3章 因果関係と客観的帰属

第4章 違法性

第5章 正当防衛の正当性

第6章 緊急避難の法的性質

第7章 故意と錯誤

第8章 過失と「客観的帰属」

第9章 未遂・未完成犯罪

第10章 共同正犯

第11章 狭義の共犯

第12章 間接正犯および共犯論の諸問題

第13章 罪数論と刑罰論

正誤情報

2020.03.24 errata52454_1_1.pdf

正誤情報のファイル名=凡例

errata12345-m_n.txt
ファイル名の「m_n」は、その書籍の「第 m 版第 n 刷」の正誤表であるかを示しています。
PDFファイルになっている正誤情報をご覧になるには、Adobe Reader(無償)が必要です。
ソフトが必要な方はAdobe Reader公式サイトをご覧下さい。