書籍詳細:みんなのシステム論

みんなのシステム論 対人援助のためのコラボレーション入門

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,376円(本体価格 2,200円)
在庫あり
発刊年月
2019.08
ISBN
978-4-535-56375-9
判型
A5判
ページ数
232ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

心理、教育、医療、看護、福祉、司法、産業……さまざまな臨床現場でシステムズアプローチを使いこなそう! すべての対人援助職のための入門書。

目次

【パート1 基本編】
第1章 今日から始める,システム論……赤津玲子

第2章 みんなのシステム実践入門……田中 究
    ーー15のポイント


【パート2 応用編】
第3章 みんなのコラボレーションで治す摂食障害……木場律志
    ーー心療内科病棟におけるシステムズアプローチ

第4章 精神科病院の入院治療……堀込俊郎

第5章 産業保健のシステムを支援する……松浦真澄
    ーー職場のアルコール問題事例から

第6章 スクールカウンセリングに活かすシステム・シンキング
     ……伊東秀章

第7章 思いが交錯するシステムのなかで,私はどう振る舞う?
    ーー15のポイント訪問看護の事例から……横田益美

第8章 意向を表出できない本人と家族の支援で感じた困難
    ーーシステムズアプローチを[知る前]と[知ってから]
     ……濱田美由貴,安江高子

第9章 がん治療における私のシステムズアプローチ……吉田幸平

第10章 児童養護施設における他職種連携……辻 育子
    ーーファシリテーターとしての心理職のありよう

第11章 少年院におけるシステムズアプローチ……法澤直子

第12章 どうしてここに来たのかな?……安江高子
    ーー私設心理相談におけるニーズをめぐる考察