書籍詳細:アタッチメントの精神医学

アタッチメントの精神医学 愛着障害を抱える親子の“育ち合い”支援

の画像の画像
  • 紙の書籍
予価:税込 2,916円(本体価格 2,700円)
発刊年月
2019.06
ISBN
978-4-535-98472-1
判型
A5判
ページ数
224ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

周産期以降の母子への多職種による支援が、不適切養育とその連鎖を抑止する。愛着理論の基礎から臨床実践、最新の実証研究まで。

目次

第1部 アタッチメント障害の診断学:進化するアタッチメント理論
 第1章 アタッチメント理論と発達精神病理学
 第2章 アタッチメントの臨床診断とフォーミュレーションの意義
 第3章 発達精神病理からみたアタッチメントとトラウマ
 第4章 ボウルビィの理論とアタッチメント精神医学の新たな可能性

第2部 周産期メンタルヘルスと母子臨床:ボンディングとその障害
 第5章 母子関係と乳幼児精神医学
 第6章 母子精神保健と世代間伝達
 第7章 周産期メンタルヘルスと社会的支援
 第8章 子ども虐待における養育者−子どもの関係性とその障害

第3部 精神科臨床の共通要素としてのアタッチメント
 第9章 子どもの不安と母子関係
 第10章 思春期のアタッチメント
 第11章 メンタライジングの発達と乳幼児精神保健
 第12章 思春期・青年期の事例を通じて学び・教えること

 補 章 カナダ・ブリティッシュコロンビア州の児童福祉