書籍詳細:民法講義録[改訂版]

民法講義録[改訂版]

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,264円(本体価格 5,800円)
在庫あり
発刊年月
2019.03
ISBN
978-4-535-52393-7
判型
A5判
ページ数
1192ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

通説・判例をもとに、財産法と家族法からなる民法の全体を平易に解説する。債権法改正に準拠し、相続法改正も反映した改訂版。

目次

第1篇 民法総則
 第1章 民法とは何か
 第2章 人
 第3章 法人
 第4章 法律行為
 第5章 意思表示
 第6章 代理
 第7章 法律行為の無効・取消し
 第8章 条件・期限・期間
 第9章 時効制度

第2篇 物権
 第1章 物権法の一般理論
 第2章 物権変動
 第3章 物権各論

第3篇 担保物権
 第1章 担保物権の基礎理論
 第2章 留置権
 第3章 先取特権
 第4章 約定担保論
 第5章 質権
 第6章 抵当権
 第7章 非典型担保

第4篇 債権総論
 第1章 総論
 第2章 債権の目的
 第3章 債権の効力
 第4章 債権の履行の強制
 第5章 債務不履行
 第6章 債務者の責任財産の保全
 第7章 多数当事者の債権および債務
 第8章 債権債務関係の変動
 第9章 債権の消滅

第5篇 債権各論
 第1章 契約総論
 第2章 契約各論
 第3章 法定債権総論
 第4章 事務管理
 第5章 不当利得
 第6章 不法行為

第6篇 親族
 第1章 家族法序論
 第2章 親族
 第3章 婚姻
 第4章 親子
 第5章 親権・後見等・扶養

第7篇 相続
 第1章 相続法総説
 第2章 相続人
 第3章 相続の効力
 第4章 相続の承認・放棄
 第5章 財産分与
 第6章 相続人の不存在
 第7章 遺言
 第8章 遺留分