書籍詳細:法の科学第49号

法の科学第49号 社会の持続可能性と法主体の再構築

の画像の画像
  • 民主主義科学者協会法律部会
  • 紙の書籍
予価:税込 2,700円(本体価格 2,500円)
発刊年月
2018.09(中旬)
ISBN
978-4-535-05049-5
判型
A5判
ページ数
220ページ
ジャンル

内容紹介

標記シンポの他、60周年シンポ・座談会、軍事研究と学問、法学教育、社会主義など、今日の重大な問題を盛りだくさんに問題提起。

目次

■巻頭言
ファシズム潜在状況と研究者の使命
……中村浩爾

■シンポジウム=社会の持続可能性と法主体の再構築

社会的排除の議論から学ぶ法主体のありかた
……多田一路
ケアを中心とする社会への転換のための法構想
――「脆弱な主体」をめぐって
……中里見博
雇用社会の変容と労働法の課題
――雇用社会の持続可能性・法主体の検討視角
……山川和義
持続的な野生動物法の主体に関する批判的考察
――市民・専門家と狩猟者の三者に注目して
……高橋満彦
「持続可能な社会と法」
――地球環境問題の視角から
……高村ゆかり

■コロキウム=民科法律部会60周年記念シンポジウム
「民主主義法学の未来」

民主主義法学の歴史から何を学ぶか
……吉村良一
行政法研究と民主主義法学
……豊島明子
法社会学研究と民主主義法学
……飯考行
現代における法の形成と法曹の役割
……豊川義明
ミッションとしての民主主義法学
――科学としての法学そして科学者の社会的責任
……広渡清吾

■ミニ・シンポジウム1=軍事研究と学問の自由・平和主義

軍事研究と「学問の自由」:日本学術会議の選択
……佐藤岩夫
軍事的安全保障研究における〈忖度〉強制の行政法的諸装置
……前田定孝
日本国憲法の平和主義と軍事研究 憲法学の視点から
……小沢隆一

■ミニ・シンポジウム2=法学教育と民主主義法学の現在
――『日本の法』を素材として

『日本の法』と法学教育
――編者・著者の立場から
……長谷河亜希子
緒方桂子他編『日本の法』と民主主義法学
……小森田秋夫
法教育の目標・内容・方法をめぐる課題
――『日本の法』を参照しつつ
……渡邊 弘

■ミニ・シンポジウム3=体制転換・市場経済化の四半世紀と法

社会主義の亡霊?
――変らぬロシアから考える
……篠田 優
脱社会主義化における立憲主義
――1993年ロシア憲法の歴史的位置
……樹神 成
党天下体制と市場経済システムのカップリングと法
……鈴木 賢

■民科法律部会60周年記念事業

座談会 民主主義法学の到達点
……戒能通厚、広渡清吾、浦田一郎、吉村良一、楜澤能生

■海外動向

甦る法律家フリッツ・バウアー
――ナチの過去の克服をめぐる近年のドイツの法事情
……本田 稔

■研究ノート

『我妻・有泉コンメンタール民法』考
――清水誠先生からのメッセージ
……市川英一
日本植民地主義法論の再検討
……前田 朗
2017年衆議院選挙と「安倍改憲」
……奥野恒久

■書評
森山文昭『変貌する法科大学院と弁護士過剰社会』
……宇佐見大司