書籍詳細:こころの臨床を語る

こころの臨床を語る 「こころの科学」対談・座談選

の画像の画像
  • 「こころの科学」編集部
  • 紙の書籍
定価:税込 2,808円(本体価格 2,600円)
在庫あり
発刊年月
2018.05
ISBN
978-4-535-98451-6
判型
四六判
ページ数
328ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

通巻200号を迎える雑誌『こころの科学』の対談・座談会の中からとくに貴重なものを編纂。こころの臨床に携わるすべての人に。

目次

1. こころの科学――その方法
…………笠原 嘉・風祭 元

2. 東洋医学と精神医学の接点
…………大塚恭男・中井久夫

3. 家族を援助するということ――〈家族療法家〉の立場から
…………下坂幸三・渋沢田鶴子・中村伸一・楢林理一郎

4. 臨床心理学の修行
…………河合隼雄・山中康裕・高月玲子・長沼佐保子

5. 精神分析の将来像
…………小此木啓吾・北山 修

6. 社会的養護とこころの居場所
…………村瀬嘉代子・田中康雄・青木省三

7. そだちの科学のこれまでとこれから
…………滝川一廣・小林隆児・杉山登志郎・青木省三

8. 統合失調症治療の未来――人生もこころも脳もリカバリー
…………池淵恵美・村井俊哉・笠井清登・福田正人・杉原玄一・熊倉陽介