書籍詳細:アインシュタインの物理学革命

アインシュタインの物理学革命 理論はいかにして生まれたのか

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,592円(本体価格 2,400円)
在庫あり
発刊年月
2018.04
ISBN
978-4-535-78867-1
判型
A5判
ページ数
160ページ
Cコード
C3042
ジャンル

内容紹介

アインシュタインの「量子論」「ブラウン運動の理論」「相対性理論」を取り上げ、それらが誕生するまでの思考の道筋を丁寧に追う。

目次

はじめに

第1部 量子論

1章 背景
2章 光量子
3章 固体の比熱
4章 輻射エネルギーの揺らぎ
5章 量子論による輻射の放出および吸収
6章 EPRパラドックス


第2部 ブラウン運動

1章 背景
2章 液体中の懸濁粒子の運動


第3部 相対性理論

1章 背景
2章 特殊相対性理論
3章 物体の慣性はそのエネルギー含量に依存するか?
4章 一般相対性理論

補足
A ヴィーンの輻射式
B プランクの輻射式
C エントロピーとエネルギーの関係
D エントロピーの体積依存性に関わる積分の計算
E エネルギーの揺らぎに関わる積分の計算
F デルタ関数に関わる諸公式と関連の計算
G マクスウェル方程式の変換
H ガウスの曲面上の距離

写真の出展
索引