書籍詳細:精神科臨床を学ぶ

精神科臨床を学ぶ 症例集

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,888円(本体価格 3,600円)
在庫あり
発刊年月
2018.03
ISBN
978-4-535-98462-2
判型
A5判
ページ数
292ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

精神科臨床とは何か、また、その臨床技術をどのように伝えるかに精力を傾けてきた一人の精神科教授と教室員たちによる症例論文の集大成。

目次

はじめに――私たちが学び、伝えようとしたもの
  青木省三

●思春期・青年期
 ひきこもり――一歩足を踏み出すのを援助する
  和迩健太・三浦恭子・青木省三
 暴力行為が前景に出たトゥレット症候群の治療を経験して
  松下兼宗
 咬舌行為などの激しい自傷を繰り返した1症例
 ――一般病棟で行ったチーム医療の紹介
  鷲田健二・山田了士・三浦恭子・和迩大樹・松下兼宗・青木省三
 思春期・青年期の治療に活かす心理アセスメントの実際
  青木省三・三浦恭子・村上伸治
 若者の自殺予防
  澤原光彦、北村直也、末光俊介、野村陽平、中村尚史、吉村優作、蜂谷知彦、青木省三

●摂食障害
 現代の摂食障害・総論
  青木省三・加藤雅人・北野絵莉子・末光俊介
 仲間的に支援した摂食障害の1例
  城戸高志・加藤雅人・村上伸治・青木省三
 小児科と協働治療した制限型神経性食思不振症中学生女子の1例
  田中賀大・村上伸治
 摂食障害をチームでみる
  原 正吾・高橋 優・和迩健太・村上伸治・澤原光彦

●統合失調症・うつ病
 総合病院に入院した妄想型分裂病患者へのアプローチについて
 ――研修医として考えたこと
  原田修一郎・星野 弘
 抗うつ薬の減量により軽快したうつ病の1例
  原田修一郎・山下陽子・中川彰子・青木省三
 慢性化したうつ病への支持的精神療法の工夫
  石原武士・植田友佳子・北村直也・澤原光彦・村上伸治・青木省三

●発達障害
 精神科臨床と「こだわり」
  青木省三・北野絵莉子・村上伸治・石原武士
 アルコール使用障害(依存)とこだわり
  原 正吾・和迩健太・村上伸治・石原武士
 ため込みとそだち
  和迩健太
 自閉スペクトラム症の診断をめぐって
 ――主として思春期以降の例について
  青木省三・村上伸治
 大人の発達障害における病識・病感・負担感の理解と対応
  高橋 優・北野絵莉子・植田友佳子・村上伸治・澤原光彦・青木省三
 高校から大学における社会的支援の実際
  北野絵莉子・青木省三

●精神療法
 コミュニケーションの糸を紡ぎだす
  井上蓉子・城戸高志・田中賀大・薬師寺 晋・村上伸治・青木省三
 精神療法とはなにか――薬物療法以前に考えるべきこと
  山下陽子・笹江岳児・齋藤こず恵・村上伸治・青木省三
 めまいに対して過度の恐怖心を抱き、3年間寝たきりになった症例に対する精神療法
  山下陽子・村上伸治・青木省三
 急性期の関わり――そばにたたずむこと
  村上伸治
 場面緘黙を呈した一女児への心理療法の検討
  三浦恭子・村上伸治・山田了士・青木省三
 行動療法単独で奏効した妊娠中の強迫性障害の1例
  宮崎哲治・中川彰子・青木省三

●訪問・アウトリーチ
 入院が長期化した精神分裂病患者に対するアプローチ
 ――自宅への外出が転機となった一症例の治療経過を通して
  松下兼宗
 大学病院におけるアウトリーチ支援の可能性
  和迩健太・原 正吾・北野絵莉子・高橋 優・村上伸治・澤原光彦・青木省三

 おわりに
  青木省三 
 初出一覧