書籍詳細:ミャンマー経済入門

ミャンマー経済入門 開放市場への胎動

の画像の画像
  • 桐生 稔
  • 西澤 信善
  • 紙の書籍
定価:税込 2,916円(本体価格 2,700円)
在庫なし
発刊年月
1996.02
旧ISBN
4-535-55038-7
ISBN
978-4-535-55038-4
判型
A5判
ページ数
176ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

有力な市場、投資対象として注目されるミャンマー。「鎖国」から「開放」へ、「社会主義」から「市場経済」へと転換を始めたが、情報はあまりに少ない。ミャンマーの経済実態と今後の発展可能性につき基礎材料を提供する。

目次

1 経済概観
  国土・自然・人口
  マクロ経済
  産業概観
2 市場経済への道
  「ビルマ式社会主義」の終焉
  市場経済化の過程と実態
3 開放経済体制への転換
  外国貿易の振興
  外貨政策と外貨の進出状況
  観光業の振興
  開放政策の障害
4 人口動態と労働力
  人口動態
  豊富で質の高い労働力
  教育事情
5 国際経済関係の新展開
  深まる周辺諸国との経済関係
  ミャンマーの後ろ盾としての中国
  深まるASEAN諸国との経済関係
  日本とミャンマーの関係