書籍詳細:医師民事責任の構造と立証責任

医師民事責任の構造と立証責任

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,621円(本体価格 6,019円)
在庫あり
発刊年月
2018.02
ISBN
978-4-535-52280-0
判型
A5判
ページ数
512ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

医療契約を、患者と医療者の関係を結合して規律するツールとして用い、紛争予防と合理的な解決を図ることを提唱する書。

目次

第I部 医師・患者関係の契約法による統一的理解
 第1章 医師民事責任の構造と立証責任
 第2章 結果予見義務と不安感説──東大梅毒輸血事件──
 第3章 医療水準論に基づく判断──当直医の医療水準──

第II部 医療過誤特有の損害論
 第4章 自己決定権──エホバの証人輸血事件──
 第5章 機会喪失論と相当程度の可能性
 第6章 医療水準に適合した治療を受ける利益──大淀病院事件──
 第7章 適切な治療を受ける期待権
 第8章 治療の選択肢を熟慮する機会
 第9章 医療契約上の債務不履行と慰謝料
 第10章 医師の患者に対する言動による人格権侵害

第III部 医療訴訟の理論と実務
 第11章 医療過誤における請求権競合──順位付き併合──
 第12章 診療ガイドラインと裁判規範
 第13章 診療ガイドラインと因果関係判断・既判力の関係
       ──脳脊髄液減少症──
 第14章 カンファレンス尋問
       ──複数専門家による口頭での知見提供──