書籍詳細:「糖」が解き明かす人類進化の謎

「糖」が解き明かす人類進化の謎 なぜヒトの脳は大きくなったのか

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 1,836円(本体価格 1,700円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2018.02
ISBN
978-4-535-78861-9
判型
四六判
ページ数
240ページ
Cコード
C3045
ジャンル

内容紹介

地球上で人類だけが、大きな脳をもつようになったのはなぜか。脳のエネルギー代謝における「糖」に着目し、その進化の謎に迫る。

目次

まえがき

第1章 地球誕生史と生命の起源

 人間の行く末
 宇宙に漂う地球
 地球のなりたち
 地球、水、生物の共生がつくり出した地球環境
 生命の誕生の謎
 生物大量絶滅の地球史
 ガイア仮説
 [コラム] 大量絶滅の可能性

第2章 人類の歩み

  巨大な人類の脳
  人類の起源
  人類であることの証し
  立ち上がったサル(猿人編)
  サルからヒトへの大転換(原人編)
  原人からホモ・サピエンス
  [コラム] 際限のない人類の欲望

第3章 大脳化の謎

  人間の起源
  大脳化が軽視され、二足歩行が重視されてきた訳
  アウストラロピテクスに平等な人権を?
  樹上性と地上性から見えてくるもの
  古典的大脳化仮説の限界
  大脳化と発達の違い
  ネオテニー説への反論
  高エネルギー食説への反論
  高エネルギー食説の盲点
  [コラム] 飢餓仮説

第4章 脳を拡大させたもの

  大脳化の主役はグリア細胞
  グリア細胞の増加を刺激したものは何か
  大脳化を促すブドウ糖のメカニズム

第5章 動物に大脳化が起こらない訳

  食物によって変わる動物の体型
  ブドウ糖に飢える動物たち
  [コラム] ランガムの調理仮説への疑問

第6章 プロメテウスの贈り物

  火がもたらした大脳化のシナリオ
  火がもたらす血糖値上昇
  [コラム] 医療改善のきざし

第7章 連鎖的急進化の遺伝発現

  連鎖的急進化の流れ
  コミュニケーション能力と文化の伝承
  エピゲノムによる遺伝発現

第8章 遅い成長と長寿

  大脳化がもたらした遅い成長
  ヒトを長寿にさせたもの

第9章 人類のゆくえ

  大脳化がもたらしたネオテニー現象
  現代の子どもに起こっている体質異変
  ヒトの子どもはなぜ未熟な状態で生まれなければならないのか
  この神秘なるもの
  なぜヒトの乳児の胃の中で細菌が繁殖するのか
  なぜアレルギー体質の子どもが増えてきたのか

あとがき
参考文献
索引