書籍詳細:少年法適用年齢引き下げは何をもたらすか

少年法適用年齢引き下げは何をもたらすか

の画像の画像
  • 刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター
  • 紙の書籍
予価:税込 1,512円(本体価格 1,400円)
発刊年月
2018.01
ISBN
978-4-535-40850-0
判型
A5判
ページ数
120ページ
Cコード
C9432
ジャンル

内容紹介

少年法実務の拠って立つ理念である少年の健全育成を守る立場で実務関係者が一致して、少年法の適用年齢引き下げ問題を論じる。

目次

序章  少年法適用年齢引き下げは何をもたらすか……守屋克彦(弁護士、ERCJ理事長)
第1章 家庭裁判所における非行臨床……村松 励(専修大学教授)
第2章 少年法「改正」の歴史と検察官先議……斉藤豊治(甲南大学名誉教授、弁護士)
第3章 法制審議会における議論の現状……武内謙治(九州大学教授)
第4章 「少年法適用年齢引き下げ」問題のいくつかの論点をめぐって(討論)
第5章 少年司法の各分野からみる適用年齢引き下げ
 第1節 少年鑑別所……川邉 讓(駿河台大学心理学部教授、元少年鑑別所職員)
 第2節 少年院……森田哲志(元東京福祉大学特任教授、元浪速少年院長)
 第3節 家庭裁判所調査官……伊藤由紀夫(家庭裁判所調査官)
 第4節 裁判官……北澤貞男(元さいたま家庭裁判所判事、弁護士)
第6章 パネルディスカッション
第7章 [特別寄稿]少年法年齢引き下げ問題――そのあり方を問う……糟谷忠男(元裁判官)