書籍詳細:精神病理学の基本問題

精神病理学の基本問題

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,700円(本体価格 2,500円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2017.09
ISBN
978-4-535-98460-8
判型
四六判
ページ数
216ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

精神病理学こそが、精神医学の深みや面白さそのものである。「了解」「病因」「気質」といった基本課題を今改めて掘り下げる。

目次

まえがき——精神病理学への新たな誘い

1 精神科診断のあいまいさ

2 経験・経過・予後

3 了解の能力、あるいは〈心的容量の非対称性の条件〉

4 他人のこころはわかるのか
 ——精神病理学の哲学的基礎について

5 〈了解〉の応用問題

6 わからなくてよいこと
 ——〈了解〉と規範性

7 〈内因〉の意味するもの

8 病因を掘り下げる
9 ナラティヴと人間学

10 気質論と時間論

11 〈了解〉の限界とパラドックス

12 〈全体〉の知としての精神病理学