書籍詳細:沖縄の米軍基地過重負担と土地所有権

沖縄の米軍基地過重負担と土地所有権 辺野古の海の光を観る

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,780円(本体価格 3,500円)
在庫あり
発刊年月
2017.09
ISBN
978-4-535-52303-6
判型
A5判
ページ数
276ページ
Cコード
C3032
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

辺野古新基地訴訟の最大の論点は米軍基地が沖縄県の経済発展を阻害しているという点にあるとして、土地所有権侵害の観点から基地建設撤回を主張する。

目次

はじめに
序章 土地所有権概説
第1章 概説
第2章 米軍基地過重負担の土地所有権構成
第3章 米軍基地沖縄経済発展阻害論の証明
第4章 高裁判決と米軍基地過重負担
第5章 沖縄県の上告受理申立理由書と米軍基地過重負担
第6章 最高裁判決と米軍基地過重負担
第7章 最高裁判決後の沖縄県の法的対応策
第8章 総括

資料 「沖縄の米軍基地過重負担の歴史的現実」「辺野古訴訟の推移」および拙稿・論考の展開
おわりに