書籍詳細:教誨師 関口亮共とBC級戦犯

教誨師 関口亮共とBC級戦犯 シンガポール・チャンギー刑務所 一九四六-一九四七

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,484円(本体価格 2,300円)
在庫あり
発刊年月
2017.07
ISBN
978-4-535-58707-6
判型
A5判
ページ数
172ページ
Cコード
C3021
ジャンル

内容紹介

87名のBC級戦犯死刑囚を見送った教誨師に届いた遺族からの手紙と生還者の手記。「庶民にとっての戦争」の記憶がいま甦る。

目次

序 章 「手記」と「手紙」の発見

第1章 亮共の略歴と人となり
1 関口亮共略年譜
2 戦地から家族宛ての手紙
3 教師・亮共

第2章 チャンギー刑務所に亮共を辿る
1 若松斉氏によって描かれた姿
  教誨師・亮共の登場
  処刑に立ち会う亮共
  若松受刑者との対話
2 「世紀の遺書」と教誨師・亮共
3 亮共筆教誨師面談記録――『印度洋殉難録』より抜粋

第3章 「明長寺資料」(その1)チャンギー編
1 ノンフィクションエッセー「秋の日」――作者は亮共か
2 阿部宏元鉄道第五連隊・中尉の手記
3 Pホール(死刑囚房)より生還した受刑者からの便り
  阿部宏氏からの葉書
  洪起聖氏からの書簡
  文泰福氏より巣鴨出所報告の葉書

第4章 「明長寺資料」(その2)日本編

書評掲載案内

■2017年7月5日付『東京新聞』(17面)「教誨師・関口さん 戦犯に送った言葉」(編著者への取材記事)(山本哲正記者)
■2017年7月15日付『朝日新聞』(32面)「BC級戦犯 遺族の葛藤」(編著者への取材記事)(豊秀一編集委員)
■2017年7月31日付『産経新聞』(18面)文化面(喜多由浩編集委員)
■2017年8月13日付『神奈川新聞』(1面)(高本雅通記者)
■2017年8月17日付『朝日新聞』(31面)「戦後72年夏 戦死と向き合う」(豊秀一編集委員)
■2017年9月24日付『信濃毎日新聞』読書面(11面)