書籍詳細:講座労働法の再生 第4巻

講座労働法の再生 第4巻 人格・平等・家族責任

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,780円(本体価格 3,500円)
在庫あり
発刊年月
2017.07
ISBN
978-4-535-06514-7
判型
A5判
ページ数
340ページ
Cコード
C3332
ジャンル

内容紹介

労働法の未来にとって重要な人格の保護、平等の実現、家族責任の充実に向けて、課題を明らかにするとともに将来展望を示す。

目次

総 論 人格権、雇用平等、家族責任に関する法理の新たな展開…………和田 肇
第1部 人格権の保護
第1章 プライバシーと個人情報の保護…………長谷川聡
第2章 ハラスメントと人格権…………根本 到
第3章 労働者によるコンプライアンスの実現…………山川和義
第4章 キャリア権の意義…………両角道代
第2部 雇用平等
第5章 雇用平等法の形成と展開…………柳澤 武
第6章 保護と平等の相克…………神尾真知子
第7章 非正規雇用の処遇格差規制…………櫻庭涼子
第8章 差別の救済…………斎藤 周
第9章 雇用平等法の課題…………相澤美智子
第3部 ワーク・ライフ・バランス
第10章 ワーク・ライフ・バランスと労働法…………名古道功
第11章 年休の制度と法理…………武井 寛
第12章 育児介護休業法の課題…………柴田洋二郎
第13章 労働法上の権利行使と不利益取扱の禁止…………細谷越史