書籍詳細:公共政策入門

公共政策入門 ミクロ経済学的アプローチ

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,592円(本体価格 2,400円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2017.07
ISBN
978-4-535-55875-5
判型
A5判
ページ数
304ページ
Cコード
C3033
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

公共政策の分析や提言に対して、経済学は有用な道具でありうるのか。経済学的アプローチの重要性と使い方を解説するテキスト。大学で「経済学」の授業を履修したけれど、数式ばかりでちっとも分からなかったあなたに、数値例やグラフを駆使して解説します。

目次

はしがき

序 章 公共政策の経済学的アプローチとはなにか

第1章 余剰分析:需要・供給・市場
第2章 消費者行動の理論:効用(満足度)最大化の方法は?
第3章 厚生経済学:市場均衡は最適な資源配分を実現するか?
第4章 市場の失敗(1)外部性:公害はなぜ発生するのか?
第5章 市場の失敗(2)公共財:地球温暖化は防げるか?
第6章 市場の失敗(3)不確実性:公正な保険とは?
第7章 ゲーム理論:結託と裏切りはどのように起きるか?

索引

書評掲載案内

■2017年8月26日付『日本経済新聞』活字の海で(29面)(前田裕之編集委員)