書籍詳細:アメリカの資本蓄積と社会保障

アメリカの資本蓄積と社会保障

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,564円(本体価格 3,300円)
在庫あり
発刊年月
2016.12
ISBN
978-4-535-55872-4
判型
A5判
ページ数
296ページ
Cコード
C3033
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

財貨・労働市場が過剰となる一方、多数が基本的ニーズに不足する現代の「分裂」。米国の経済不均衡の淵源をたどり解消策を探る。

目次

第1部 アメリカにおける資本蓄積と所得分配
第1章 戦後経済学の主要命題――予備的考察
第2章 アメリカにおける資本蓄積と所得分配――1945~2015年
第3章 資本蓄積の現代的領域――T・ピケティ、R・ゴードン、W・ボーモル
第4章 「余剰」の経済学
第2部 社会保障
第5章 アメリカの社会保障制度――年金・医療・貧困対策プログラム
第6章 オバマケア――医療保険制度改革
第7章 戦後アメリカにおける普遍的所得保障――「家族支援計画」(FAP)不成立の経緯
第3部 代替的所得保障――ベーシックインカムの可能性
第8章 普遍的所得保障の思想的系譜――予備的考察
第9章 ベーシックインカム
文献
索引