書籍詳細:マッハルプ国際金融基礎理論の研究

神戸学院大学経済学研究叢書 マッハルプ国際金融基礎理論の研究

の画像の画像
  • 馬淵 透
  • 紙の書籍
定価:税込 5,184円(本体価格 4,800円)
在庫なし
発刊年月
1999.03
旧ISBN
4-535-05912-8
ISBN
978-4-535-05912-2
判型
A5判
ページ数
232ページ
Cコード
C3333
ジャンル

内容紹介

国際金融学界の泰斗、F.マッハルプの『国際金融の理論』は、1960年代に刊行されたにもかかわらず、いまだに生彩を放って生きている。本書は、このマッハルプ基礎理論に精細な彫琢を加えた研究書である。

目次

第1章 外国為替需給分析のための基礎理論
第2章 財貿易に関する諸弾力性(短期分析)
第3章 資本移動、一方的移転および用役に関する受払
第4章 金移動、金本位および釘付為替レート
第5章 外国為替投機と利子率