書籍詳細:再審に新しい風を!

再審に新しい風を! 冤罪救済への道

の画像の画像
  • 「白鳥決定40周年」記念出版編集委員会
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 1,836円(本体価格 1,700円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2016.11
ISBN
978-4-535-52210-7
判型
A5判
ページ数
184ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

冤罪がなぜ起きるか、再審は機能しているのか。当事者、法律実務家、研究者そして市民がともに冤罪救済への道を広く強固にするための方策を探る。白鳥事件・決定の貴重映像を収めたDVD付き。

目次

はしがき/村井敏邦
「白鳥事件」DVD紹介
白鳥事件/谷村正太郎

序章 冤罪とは
冤罪・再審をめぐる状況/村井敏邦
冤罪の種は尽きまじ この司法を、いかにすべきか/桜井昌司

第1章 冤罪・再審はいま
1 白鳥事件を道しるべとして:再審布川事件の歩み/山本裕夫
2 刑事裁判における証拠の現状と問題点/村井敏邦
3 白鳥決定、財田川決定の意義/水谷規男

第2章 現状をどのように克服していくのか
1 再審手続の問題点、現状と課題/豊崎七絵
2 裁判所の問題点、現状と課題/木谷 明
3 名張毒ぶどう酒事件——弁護士としてどう向き合うか/古橋 将
4 袴田事件——弁護士としてどう向き合うか/戸舘圭之

第3章 再審に新しい風を!
誤判救済のために何が必要か/白取祐司

第4章 たたかっている人々の声
・東住吉事件/青木惠子、朴龍皓
・袴田事件/袴田ひで子
・名張毒ぶどう酒事件/稲生昌三
・福井女子中学生殺人事件/前川彰司
・日野町事件/阪原弘次
・大崎事件/鴨志田祐美
・恵庭OL殺人事件/伊東秀子

コラム
・市民から制度改革を訴える!/客野美喜子
・再審における証拠開示:法制審議会の経験から/周防正行
・冤罪は国際人権とどうかかわるか/新倉 修
・真実は被告人のみが知っている:冤罪のない文化を/守屋克彦
・冤罪原因究明第三者機関の必要性/西嶋勝彦
・改正刑事訴訟法は新たな冤罪を生み出さないか/泉澤 章
・イノセンス革命を日本に:「えん罪センター」発足/笹倉香奈

資料
・白鳥決定(抜粋)、財田川決定(抜粋)
・最近の主な事件の再審の動向
・「白鳥決定」40周年に際して、再審の権利とえん罪の根絶を求める決議