書籍詳細:公害環境法理論の新たな展開

公害環境法理論の新たな展開

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,400円(本体価格 5,000円)
在庫なし
発刊年月
1997.04
旧ISBN
4-535-51085-7
ISBN
978-4-535-51085-2
判型
A5判
ページ数
416ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

四大公害裁判にはじまり、各種の損害賠償・差止訴訟、国の責任を追及する裁判を経た今日、環境公害訴訟の到達点とその課題を総括し、自然的・社会的・文化的環境をも視座に取り入れつつ、環境訴訟の明日を展望する。

目次

[証言・公害裁判]
大阪空港判決の「公共性」
水俣の証人
公害裁判と私 ほか
[論文編]
1 公害環境訴訟の総論的課題
 公害環境訴訟の課題
 〈環境被害〉論序説
 環境訴訟における証明問題
2 公害裁判の到達点と今後の課題
 裁量収縮論の擁護と水俣病国家賠償責任再論
 差止裁判の到達点と課題
 共同不法行為論
  ─最近の大気汚染訴訟判決を中心として ほか
3 環境訴訟の新たな課題
 自然保護の訴訟
 「自然の権利」訴訟と市民の権利
 歴史的景観訴訟
4 公害・環境破壊からの再生
 公害地域再生と復興のまちづくり
 環境の再生・復元
5 情報公開とアセスメント
 アセスメント法制の到達点と課題
 環境保全・被害救済と情報へのアクセス権