書籍詳細:法と心理 第16巻 第1号(通巻16号)

シリーズ:法と心理

法と心理 第16巻 第1号(通巻16号) 特集=自閉スペクトラム症と少年司法

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,456円(本体価格 3,200円)
在庫僅少
発刊年月
2016.10
ISBN
978-4-535-06736-3
判型
B5
ページ数
138ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

「特集 自閉スペクトラム症と少年司法」、「シンポジウム 司法面接をどう使うか:スキル、連携、法制度」等、法と心理学の意欲的な研究成果をまとめて収録。

目次

特集「自閉スペクトラム症と少年司法」
野村武司・十一元三・岩本憲武・村尾泰弘

法と心理学会第16回大会 大会企画シンポジウム
 「司法面接をどう使うか ――スキル、連携、法制度」
仲真紀子・稲川龍也・緑 大輔・渡邉和美・石橋昭良

法と心理学会第16回大会 ワークショップ
 「日本版のイノセンス・プロジェクト(IP)」の可能性
 ――日本版イノセンス・プロジェクトの設立に向けて
 v裁判員裁判の量刑評議のあり方を考える
  ――近時の最高裁の判断および模擬裁判をふまえて
 児童期の性的虐待被害とその回復をめぐる法心理2
  ――ドイツ・韓国調査の報告
 供述分析と情状鑑定
 「事実認定学」をつくる
  ――法と心理の協働
 容貌変容と法心理
  ――被害者支援のためのアプローチの検討
裁判員研究の現状とこれから

原著論文
 福島由衣・三浦大志・厳島行雄
海外学会参加報告
 中田友貴
関連学会報告
 藤田主一
書評
 河津博史・鈴木愛弓・関口和徳・上原依子