書籍詳細:数学文化 第26号

数学文化 第26号 特集=ライプニッツ没後300年

の画像の画像
  • 日本数学協会
  • 編集
  • 紙の書籍
定価:税込 1,620円(本体価格 1,500円)
在庫あり
発刊年月
2016.09
ISBN
978-4-535-60256-4
判型
B5判
ページ数
112ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

ライプニッツは微積分学の発見のほか、哲学、論理学など多くの分野で大きな業績を挙げた。没後300年、微積分を柱にその意味を考える。

目次

特集=ライプニッツ没後300年
パリのライプニッツ…林 知宏
ライプニッツとニュートン…高橋秀裕
ライプニッツと微積分…上野健爾
数学文化講演会より
昔のガロア理論は何をめざしていたのか…加藤文元
●特別読み物:小数と対数の発見[第6回:ネイピアによる対数表の構成]…山本義隆
●歴史小説…鳴海 風
●遠山啓『数学入門』を読む[第2回]…宮永 望
●巻頭言…小川 束
●エッセイ…三浦伸夫・長谷川祐太・亀井哲治郎
●BOOKS…上野健爾・小川 束
●数学月間のページ…谷 克彦