書籍詳細:法の科学 第47号

法の科学 第47号 司法制度改革後の法学教育──その危機と再生

の画像の画像
  • 民主主義科学者協会法律部会
  • 紙の書籍
定価:税込 2,750円(本体価格 2,500円)
在庫僅少
発刊年月
2016.09
ISBN
978-4-535-05047-1
判型
A5判
ページ数
180ページ
Cコード
C3332
ジャンル

内容紹介

標記シンポジウムのほか、「日米安保体制の展開と法の諸相」「民法改正」「法学者声明」「初等中等教育の法教育の現段階」などを収録。

目次

巻頭言 集団的自衛権限定容認批判のありかた……浦田一郎 

シンポジウム=司法制度改革後の法学教育―その危機と再生
司法制度改革後の法学教育──その危機と再生……岡田正則 
国立大学の未来を拓くために──第3期の行方を展望して……山本健慈 
法学部における法学教育の意義と課題──日本学術会議の議論を手がかりに……松本恒雄 
日本における「法学部」の歴史的展開……三阪佳弘 
義務教育における法教育──法理論的課題……北川善英 
ジェンダー視座からみた法学教育の現状と課題……立石直子 
法学教育とその関連出版の現状と今後──日本評論社の雑誌、書籍出版を素材に考える……串崎 浩 

コロキウム(市民公開)=日米安保体制の展開と法の諸相
日米安保体制とconstitutional change……多田一路 
新安保体制の展開と地方自治──辺野古新基地建設問題を中心に……徳田博人 
アジアの中の日米安保――南シナ海問題に関連して……太田和宏 

ミニ・シンポジウム1=民法(債権関係)の改正について
民法(債権関係)改正の必要性と民法改正法律案……田中教雄 
民法(債権関係)改正──市民法の視点から……山田 希 
民法(債権関係)改正──消費者法の視点から……山口志保 

ミニ・シンポジウム2=法学研究者運動と法と社会―「法学者声明」を手がかりとして
法学研究者の社会的責任──趣旨説明を兼ねて……中村浩爾 
「法学研究者声明」研究の意義と課題……川崎英明 
各法分野の「声明運動」・その意義と特徴──憲法研究者の「声明運動」……清水雅彦 
各法分野の「声明運動」・その意義と特徴──刑事法分野(司法問題を含む)における声明運動……川崎英明 
各法分野の「声明運動」・その意義と特徴──公害・薬害・環境法分野から……神戸秀彦 

ミニ・シンポジウム3=初等中等教育における法教育の現段階―課題と展望
「法教育ブーム」は終焉を迎えたか?……渡邊 弘 
人権そして立憲民主主義に基づく法教育の意義と課題……重松克也 
中学校社会科教員として法教育を考える──公民的資質と道徳をめぐって……吉田浩幸 

書評:川崎英明・三島聡編著『刑事司法改革とは何か──法制審議会特別部会『要綱』の批判的検討』……伊藤 睦 

資料 民科法律部会 学会活動の記録(2015年3月-2016年3月)
規約・役員名簿/編集後記・奥付/CONTENTS