書籍詳細:進化する経済学の実証分析

シリーズ:経済セミナー増刊

進化する経済学の実証分析

の画像の画像
  • 経済セミナー編集部
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 1,728円(本体価格 1,600円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2016.09
判型
B5判
ページ数
128ページ
ジャンル
難易度
テキスト:中級

内容紹介

実証研究の今を知るならこの1冊! 構造推定と誘導型ってどう違うの? カリブレーションって何? 識別とは? 実証分析の疑問にトコトン丁寧に答えます。

目次

第1部:基本をおさえる

1. 鼎談「実証分析が切り拓く経済学の未来」
奥井亮× 川口大司× 古沢泰治

2.実証分析手法の現在
経済学における実証分析の進化:澤田康幸
経済学における実験的アプローチの意義:下村研一・瀋俊毅
応用ミクロ計量経済学の手法と論点:北村行伸

3.実証分析をめぐるさまざまな論点
ルーカス批判とマクロ計量分析:渡部敏明
評価装置としての経済モデルとカリブレーション:山田知明
識別とは何か:奥村綱雄
誘導型推定 vs. 構造推定:中嶋亮
開発経済学における計量的アプローチと実験的アプローチ:樋口裕城
          
第2部:最先端を知る
各分野の実証研究
マクロ経済学:阿部修人
ファイナンス:柴田舞
行動経済学:大垣昌夫
産業組織論:今井晋・加納和子・南橋尚明
労働経済学:小原美紀
開発経済学:伊藤成朗
教育経済学:中室牧子
医療経済学:花岡智恵