書籍詳細:思春期 こころのいる場所

精神科外来シリーズ 思春期 こころのいる場所

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,700円(本体価格 2,500円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2016.08
ISBN
978-4-535-98439-4
判型
四六判
ページ数
240ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

1996年刊の長らく入手困難であった青木省三の処女作を復刊。復刊にあたり書評等を「人と作品」として巻末に掲載。

目次

第一章 たまり場
  一 喫茶店で
  二 たまり場をつくった
  三 たまり場で起こったこと
  四 子どもの発達とたまり場
  五 居場所とは
  六 私にとってのたまり場

第二章 治療としての旅
  一 断酒会巡り
  二 ドクター・ショッピング
  三 ひとり旅
  四 パソコン通信
  五 サバイバル・キャンプ
  六 こころの中での旅
  七 巡礼
  八 出会いと別れ

第三章 引き継ぐということ
  一 入院の理由
  二 怒りの理由
  三 緊張の理由
  四 いかに引き継ぐか
  五 ミルトン・エリクソンの心理療法
  六 ものごとのプラスに光を当てる

第四章 ベテランという「落とし穴」
  一 私の経験
  二 自分の身の丈
  三 山の上の火
  四 ルーキーの力
  五 「理想」「完全」という落とし穴
  六 眼差しがつくるもの
  七 すりきれないために

第五章 支える人たちの疲労
  一 ある教師の悩み
  二 登校刺激
  三 専門家の役割
  四 よもやま話
  五 風邪はどのようにして治るのか
  六 こころの風邪
  七 見守る

第六章 生かされて生きる
  一 言葉にすること――言語化
  二 内観療法
  三 森田療法
  四 祈?、お払い
  五 気持ちがわかる
  六 生かされる自分と生きる自分
  七 再び、言語化について

第七章 柔らかな枠
  一 ベスレム王立病院青年期ユニット
  二 ヒルエンド青年期ユニット
  三 硬い枠
  四 イギリスの地域での実践
  五 NAYPCASの役割について
  六 知る・決める
  七 柔らかな枠

第八章 おわりに
  一 イギリス再訪
  二 悩む

    参考文献
    あとがき
青木省三・人と作品(編集部)