書籍詳細:ここまでわかった! 脳とこころ 

シリーズ:こころの科学増刊

ここまでわかった! 脳とこころ 

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,728円(本体価格 1,600円)
在庫あり
発刊年月
2016.07
ISBN
978-4-535-90439-2
判型
B5判
ページ数
152ページ
Cコード
C9411
ジャンル

内容紹介

脳科学研究の最前線はどうなっているのか。日本の第一人者たちが明かす、脳とこころ、そしてこころの病気のこれまでとこれから。[理化学研究所 脳科学総合研究センター設立20周年記念]

目次

●総論
脳とこころの世紀……加藤忠史

●こころの謎、脳の不思議
脳にとって音楽とは何か……岡ノ谷一夫
赤ちゃんはどうやって言語を学ぶのか――日本語の特徴を利用して乳児音韻発達の過程を探る……馬塚れい子
子ども虐待はなぜ起こるのか――親子関係の脳科学……黒田公美、白石優子、篠塚一貴、時田賢一
動物はいかにして闘いをやめるのか――闘争と制御のメカニズム……岡本 仁
将棋でわかった直観の脳内メカニズム……田中啓治
ヒトはなぜ眠り、なぜ夢をみるのか……糸原重美

●脳の働きはここまでわかった
「おばあさん細胞」はあったのか――脳の中で物体はどのように表現されるのか……谷藤 学
脳はなぜ匂いを感じるのか……吉原良浩
注意しなければ何も感じない?――皮膚感覚の新しい神経回路モデル……鈴木崇之、村山正宜
神経回路はどのように記憶を蓄えるのか……田中和正、トーマス・マックヒュー
脳に電気を流すと頭がよくなる?――グリア細胞の意外な働き……毛内 拡、平瀬 肇
ヒトの脳刺激研究の可能性……北城圭一
損傷した神経回路は修復できるか……戸島拓郎、上口裕之
環境の刺激を受けて発達する脳――神経回路再編成のメカニズム……松居亜寿香、下郡智美
脳におけるカルシウムイオンの大切な働き……御子柴克彦

●脳とこころの病気
双極性障害の原因はどこまで解明されたか……加藤忠史
統合失調症はどこまで理解できているか……吉川武男、島本知英、和田唯奈
てんかんの原因遺伝子を探る……山川和弘
脳内に異常タンパク質が広がる!?――プリオン病から認知症へ……遠藤良、田中元雅
アルツハイマー病はここまでわかった……橋本翔子、西道隆臣

●脳科学と人工知能の未来
脳の計算、機械の計算……深井朋樹
脳が計算するこころ、感情、社会知性……中原裕之