書籍詳細:現代アメリカ法入門

現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,916円(本体価格 2,700円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2016.05
ISBN
978-4-535-52195-7
判型
A5判
ページ数
280ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

アメリカの法制度、担い手そして紛争解決の手段である訴訟手続きを通じて、生きたアメリカ法とその考え方を知ることができる実践的テキスト。

目次

第1章 アメリカ法とは何か
1 大陸法と英米法
2 アメリカの法文化
3 アメリカの法と法律家をとりまく文化

第2章 ロースクールと法律事務所
1 法曹養成制度:アメリカのロースクール
2 アメリカ弁護士の仕事と法律事務所
3 弁護士報酬制度

第3章 アメリカ法の形成と裁判制度 
1 アメリカ法の形成
2 アメリカ合衆国の裁判所制度の二元性:州裁判所と連邦裁判所
3 サーシオレイライ(Certiorari)・移送令状
4 連邦司法権とその範囲
5 アメリカの裁判官の任命方法

第4章 判例法 (Case Law)主義とは何か
1 判例法の考え方
2 判例法の発展:寄与過失から比較過失(Comparative Negligence)へ
3 先例となる判例適用の回避

第5章 クラス・アクション(Class Action)
1 クラス・アクション(集団代表訴訟)
2 クラス・アクションの公的政策形成機能
3 クラス・アクションに関する連邦法上の根拠
4 クラス・アクションに関する合衆国最高裁判例
5 クラス・アクション公正化法

第6章 懲罰的賠償制度 (Punitive Damages)
1 損害賠償とは何か
2 懲罰的賠償に関する合衆国最高裁判決
3 懲罰的賠償に関する合衆国最高裁判決の動向

第7章 ディスカバリー制度
1 ディスカバリー(事前証拠開示制度)
2 ディスカバリーの種類
3 秘匿特権(Privileges)とワーク・プロダクト(職務活動の所産)
4 ディスカバリーの問題点とその克服

第8章 刑事裁判手続き――逮捕から公訴の提起まで
1 刑事手続きの流れ
2 ミランダ警告(Miranda Warning)
3 冒頭出頭(イニシャル・アピアランス、Initial Appearance)
4 予備審問(プレリミナリー・ヒアリング、Preliminary Hearing)
5 被疑者の取調べ(Interrogation)
6 大陪審(Grand Jury)と起訴手続き
7 被疑者の保釈(Bailment)手続き
8 アレインメント(Arraignment,罪状認否)
9 司法取引(Bargain Justice)

第9章 刑事陪審制度
1 なぜ刑事裁判が陪審によっておこなわれるのか
2 陪審選任手続き(Jury Selection)   
3 理由なしの免除をめぐる憲法問題
4 陪審コンサルタント
5 小陪審・事実認定陪審(Petit Jury)
6 陪審による正式事実審理(Trial by Jury)の流れ
7 裁判官による陪審への説示(Instruction, Charge)
8 評議(Deliberation)
9 全員一致評決(Unanimous Verdict)制
10 評決(Verdict)
11 控訴(Appeal)

第10章 民事陪審制度
1 民事陪審制度の法的根拠
2 民事陪審裁判を受ける権利
3 民事陪審の定員
4 正式事実審理(Trial)
5 裁判官による陪審への説示(Instruction, Charge)
6 評決(Verdict)
7 陪審評決に対する裁判所の介入
8 控訴(Appeal)

あとがき