書籍詳細:非正規公務員の現在

非正規公務員の現在 深化する格差

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,052円(本体価格 1,900円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2015.11
ISBN
978-4-535-55824-3
判型
四六判
ページ数
264ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

質量ともに深化する非正規公務員問題を、公務員制度史、ジェンダー論、労働法等の観点から解明し、解決の処方箋を提示する。

目次

第1章 急増する非正規公務員の実態
第2章 非正規公務員増加の三類型
第3章 非正規公務員と「ブラック自治体」の実像
第4章 見えない存在としての非正規公務員
第5章 非正規公務員と間接差別
第6章 常勤的非常勤職員の正規職員化――一九六〇年前後の定員・定数化措置
第7章 特別職非常勤職員という任用の形式の発見
第8章 非正規公務員と任用の法的性質
第9章 非正規公務員への退職手当の支給
第10章 非正規公務員の権利救済の仕組み――労働諸法の適用問題

書評掲載案内

■2016年1月10日付『日本経済新聞』(読書面)
■「地方自治職員研修」2016年2月号
■「時局」2016年3月号
■「みんなの図書館」2016年3月号
■『労働の科学』2016年4月号(71巻4号)P49 評者:北川啓子氏