書籍詳細:クライメート・ジャスティス

クライメート・ジャスティス 温暖化対策と国際交渉の政治・経済・哲学

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,520円(本体価格 3,200円)
在庫あり
発刊年月
2015.09
ISBN
978-4-535-55842-7
判型
A5判
ページ数
200ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

温暖化対策国際枠組み交渉で、何が、あるいは誰が障害となっているか。政治哲学・思想、社会システム、経済などの側面から体系的かつ具体的に答える。

目次

第1章 地球温暖化問題の今

   1.1 加速する気候変動

   1.2 地球温暖化問題の本質

   1.3 温暖化対策国際交渉の現状

   1.4 日本政府の対応の変遷

   1.5 まとめ



第2章 だれがどれだけ削減するべきか

   2.1 数値目標の公平性に関する議論の経緯

   2.2 COP19およびCOP20でのCBDR&RC原則に関する議論

   2.3 まとめ



第3章 合意をより難しくしている問題群

   3.1 負担の公平性に関わる論点

   3.2 EU ETSの域外拡大・国境税調整・無償割当

   3.3 まとめ



第4章 公平性のものさし

   4.1 公平性原則、指標、努力分担方法

   4.2 公平性参照フレームワークとIPCC第5次評価報告書

   4.3 まとめ



第5章 各国が持つべき公平で野心的な目標

   5.1 IPCC 第5次評価報告書における具体的GHG排出削減数値目標

   5.2 日本における数値目標の議論

   5.3 まとめ



第6章 各国の数値目標を評価する

   6.1 研究機関などによる事前評価

   6.2 EU・米・中・スイスの数値目標に対する評価

   6.3 日本の数値目標に対する評価

   6.4 まとめ



 おわりに

 参考文献

書評掲載案内

■2015年11月1日付『毎日新聞』(10面)

■2015年12月6日付『しんぶん赤旗』(9面)評者:平田仁子氏(気候ネットワーク理事)