書籍詳細:数学文化 第24号

数学文化 第24号 特集=次元とは何だろう?

の画像の画像
  • 日本数学協会
  • 編集
  • 紙の書籍
定価:税込 1,540円(本体価格 1,400円)
在庫僅少
発刊年月
2015.08(下旬刊)
ISBN
978-4-535-60254-0
判型
B5判
ページ数
104ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

今年1月開催の新春特別講義「次元とは何だろう?」を特集。短編小説「紺絣の女」,連載「小数と対数の発見」など,好読み物が満載。

目次

特集=次元とは何だろう?



 次元とは何だろう?……上野健爾

 連立1次方程式とベクトル空間の次元……徳永浩雄

 物理学における次元……小林富雄



●特別読み物[連載]

 小数と対数の発見[第4回:クラヴィウスとネイピア]…… 山本義隆



●歴史小説

 紺絣の女……鳴海 風



●トピックス

算額を世界文化遺産に……小林龍彦

「日本語で数学するということ」をめぐって……浪川幸彦・海老原 勇



●巻頭言

数学を学ぶ、ということ……野崎昭弘



●エッセイ

乗算指導法に関する一考察……藤井將男

遠山啓の『数学入門』を読むーー読書会を支えた人々……宮永 望



●BOOKS…

西山 豊著『数学を楽しむ』…谷 克彦

数学月間(SGK)だより……谷 克彦