書籍詳細:出版をめぐる法的課題

出版をめぐる法的課題 その理論と実務

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,616円(本体価格 5,200円)
在庫あり
発刊年月
2015.07(中旬刊)
ISBN
978-4-535-52073-8
判型
A5判
ページ数
472ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

電子書籍の登場により、激動の時代を迎えた出版、著作権環境に対応し、出版契約を中心としたあらゆる法的課題を解説した実務にも有益な研究書である。

目次

序 章 出版と著作権制度......上野達弘



第1章 出版契約をめぐる諸問題

[1]出版における契約書の作成と内容に関する問題点の考察......富岡英次・小和田 敦子

[2]出版契約の種類......横山久芳

[3]平成26年著作権法改正による出版権の整備への実務的対応......松田政行

[4]出版契約の解釈――裁判例の概観......奥邨弘司

[5]著作者人格権に関わる契約......長谷川遼

[6]二次出版・二次的利用に関する条項......末吉 亙

[7]出版権設定契約における侵害対策に関する契約条項......池村 聡

[8]電子出版契約特有の課題......村瀬拓男



第2章 出版編集をめぐる法的諸問題

[1]出版物における引用......茶園成樹

[2]出版物に掲載する写真における写り込み......村尾治亮・持田大輔

[3]出版における美術的作品の利用――応用美術の著作物性、46条の類推を中心に......金子敏哉

[4]出版における保護期間経過後の著作物等の利用......市村直也

[5]電子書籍を購入した利用者の地位......谷川和幸

[6]出版における著作者と職務著作......伊藤 真

[7]出版社の責任......西口 元

[8]出版物に関する表示の保護......宮脇正晴

[9]出版物における氏名・肖像の利用とパブリシティ権――ピンク・レディ事件最高裁判決との関係から......蘆立順美

[10]出版物に対する差止請求の制限......愛知靖之

[11]出版における中間生成物の所有権・著作権の帰属......三村量一・澤田将史



第3章 出版物の二次的展開

[1]映画化・ドラマ化のための契約......内藤 篤

[2]商品化契約......上村哲史

[3]米国における出版物の利用に関する契約について......松田俊治

[4]欧州における出版契約――著作者契約法の視座から......三浦正広

[5]韓国における出版契約――「排他的発行権」の導入後の出版契約......張 睿暎



第4章 出版の将来展望

[1]出版社の役割と将来展望......福井健策

[2]わが国著作権法における契約法規定の可能性......安藤和宏

[3]Google Books事件の示唆するもの......石新智規

[4]孤児著作物制度に関する展望......今村哲也

[5]オンライン出版時代の出版契約のあり方......北村行夫



升永英俊先生の古稀を祝して

私と升永先生......久保利英明

1人1票と升永先生......伊藤 真