書籍詳細:裁かれるニッポン

裁かれるニッポン 戦時奴隷制 日本軍「慰安婦」・強制労働をめぐって

の画像の画像
  • ICJ国際セミナー東京委員会
  • 紙の書籍
定価:税込 2,160円(本体価格 2,000円)
在庫なし
発刊年月
1996.02
旧ISBN
4-535-58196-7
ISBN
978-4-535-58196-8
判型
A5判
ページ数
240ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

「従軍慰安婦」・強制連行は国際法上の犯罪として解決を勧告されたにもかかわらず一向に解決しようとしない日本政府に対し、国際的非難は、頂点に達している。日本が被害者になにをなすべきか本書は強く訴えかける。

目次

第1章 国連報告
 基調講演/国際法律家委員会と
      法の尊重のための闘い
 重大人権侵害被害者の賠償等への権利
 「道義的責務」の不道徳性
 人権侵害に関する不処罰問題
第2章 「慰安婦」問題の現状と解決策
 はじめに/「慰安婦」問題の現状
 「従軍慰安婦」問題の本質と真相究明の課題
 「従軍慰安婦」制度を生み出した日本的土壌
 マレーシアにおける「慰安婦」問題
 朝鮮の「従軍慰安婦」の被害実態とわれわれの立場
 アジア「軍隊慰安婦」から受け継いだもの
 大韓弁護士協会の「慰安婦」問題に関する見解
 「慰安婦」問題の国際化
 解決済みとの政府見解に対して
 「慰安婦」問題と国際法
 証言の夕べ
第3章 強制連行・植民地問題
 はじめに
 日本帝国主義の朝鮮支配の原理と政策
 日本帝国主義の武力侵攻と軍事的占領を隠蔽した
  「乙巳五条約」の不法と無効性
 「乙巳五条約」の強制調印と問題点
 朝鮮本土で強行された日本帝国主義による
  朝鮮人強制連行・強制労働
 侵略戦争期に日本へ強制動員された
  朝鮮人労働者の抵抗
 戦時下の朝鮮人労務動員
 日本帝国主義時期の女性労働の搾取
 中国人の強制連行・強制労働
 強制連行・強制労働は戦争犯罪
 第2次世界大戦中の性奴隷
  および類似の行為
 731部隊と人体実験
 朝鮮人は三銭の値しかなかった
 中国人強制連行と花岡事件