書籍詳細:経済体制の公共選択分析

経済体制の公共選択分析

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,480円(本体価格 6,000円)
在庫僅少
発刊年月
2015.04(上旬刊)
ISBN
978-4-535-55819-9
判型
A5
ページ数
264ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

政治的自由度と経済的自由度の分析とブキャ
ナン流の契約主義の議論によって、最適体制
論や経済体制論の固有の課題を論じてゆく。

目次

はしがき



序 章 経済体制と公共選択

1.はじめに

2.経済体制論とは

3.経済体制論の系譜

4.公共選択論と立憲的政治経済学

5.経済体制の公共選択分析

6.経済体制の公共選択分析の展開



第1章 政治的・経済的自由度指標と世界各国の経済体制

1.はじめに

2.政治的自由と経済的自由のデータ

3.経済体制は収斂しているのか

4.政治的自由度と経済的自由度による世界各国の経済体制分類

5.結論





第2章 政治的・経済的自由度指標と世界各国の経済パフォーマンス

1.はじめに

2.先行研究概観

3.政治的・経済的自由度と経済パフォーマンスの関係

4.政治経済制度と経済パフォーマンスの関係

5.経済体制と経済パフォーマンスの関係

6.制度と経済パフォーマンスの両方を使った世界各国分類

7.結論



第3章 政治的自由と経済的自由の因果性

1.はじめに

2.背景

3.先行研究概観

4.個別効果を考慮する必要性

5.データ概観

6.因果性の検定

7.結論

付録



第4章 政治制度の公共選択

1.はじめに

2.Okada=Sakakibara=Sugaモデル

3.Okada=Sakakibara=Sugaモデルの検討および拡張

4.終わりに

付録





第5章 所有権制度の公共選択

1.はじめに

2.所有権制度設立前の状態

3.所有権制度の選択

4.数値例

5.結論





終 章 経済体制の公共選択分析からの政策含意

1.はじめに

2.今までのマクロ・ミクロ分析結果の整理

3.経済体制の公共選択分析の哲学的基礎

4.本書の考える制度・経済体制:政治的枠組みと経済的枠組みに関する契約

5.制度の契約に関する若干の理論的考察

6.合意に基づく国際秩序規範

7.合意に基づく国際秩序規範に対する反論

8.世界的合意を進めるために



参考文献



索引