書籍詳細:農村の新制度経済学

農村の新制度経済学 アジアと日本

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 7,776円(本体価格 7,200円)
在庫僅少
発刊年月
2015.04(上旬刊)
ISBN
978-4-535-55782-6
判型
A5判
ページ数
352ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

日本、中国、ジャワ、トルコなどの農村経済の実相を分析することで、新制度経済学の枠組みの構築を目指した労作。[2016年度日本農業経済学会学術賞受賞][2016年度日本フードシステム学会学術賞受賞]

目次

序 章 農村経済と新制度経済学



第1部 インフォーマルな農村制度



第1章 中国農村の贈与と関係の文化に埋 め込まれた経済取引

第2章 ジャワ農村の労働コモンズ慣行からの 所有権確立

第3章 日本農村における相互扶助慣行の経済デザイン



第2部 フォーマルな農村制度ーー政治、法、統卸機構



第4章 中国農村の双層経営体制に関する組織デザイン

第5章 中国の双層経営体制下の農家と村の経営能力

第5章補章  中国の農地財産権の配分制度と平等性

第6章 中国における農地の財産権と収用に関する法の効率

第7章 トルコにおける草地破壊と法の失敗と効率

第8章 日本の地域農業組織のガバナンス・メカニズム

第9章 日本の農業金融制度におけるエージェンシー関係



第3部 農村からのフードシステム制度ーー取引デザイン、農協組織



第10章 国際比較に見る青果物の売買方法

第11章 北海道の原料用バレイショの取引様式と機会主義

第12章 日本の加工用青果取引の交渉関係と取引デザイン

第13章 日本の農業と食品産業の間の垂直的調整

第14章 日本の農協共販での垂直的組織のデザイン

第15章 中国の農民専業合作社の垂直的組織デザイン



終 章 農村制度の本質