書籍詳細:数学文化 第23号

数学文化 第23号

の画像の画像
  • 日本数学協会
  • 編集
  • 紙の書籍
定価:税込 1,540円(本体価格 1,400円)
在庫僅少
発刊年月
2015.02(中旬刊)
ISBN
978-4-535-60253-3
判型
B5判
ページ数
100ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

2014年6月に山形で開催された数学文化講演会「整数をめぐって」を特集する。連載「小数と対数の発見」は「数概念の転換」がテーマ。

目次

●特集=整数をめぐって



 大学入試と整数問題……………………………………………森田康夫

 多項式をめぐるはなし三話……………………………………清水勇二

 合同式に親しもう――継子立てと合同式……………………上野健爾

 大きな素数の応用――RSA暗号………………………………桂 利行



●特別読み物[連載]

 小数と対数の発見ーー第3章 数概念の転換……………………………山本義隆



●歴史小説

 風待ちの女――遊歴算家・山口和の初恋………………………鳴海 風



●トピックス

 日本語で数学するということ――翻訳をめぐる諸問題………海老原 勇



●連載

 文字列傾斜錯視の数学的研究ーー数理視覚科学への誘い[6]…………………………新井仁之



●巻頭言

 時間・空間, そして脳………………………………………………………………河野貴美子



●エッセイ

富岡製紙場とそろばん……………………………………………………………太田敏幸

来年度に向けた不安………………………………………………………………徳永浩雄

黒96クロclock……………………………………………………………………海保 透



●BOOKS

 小川 束・森本光生著『江戸時代の数学最前線』………………………高田加代子



●数学月間(SGK)だより…………………………………………谷 克彦