書籍詳細:関係的契約理論

関係的契約理論 イアン・マクニール撰集

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,264円(本体価格 5,800円)
在庫あり
発刊年月
2015.02(中旬刊)
ISBN
978-4-535-51832-2
判型
A5判
ページ数
340ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

契約の成立や効力を当事者の意思以上に関係に由来するものと捉え、契約理論に新たな可能性を提示した著者の重要論考群、待望の邦訳。

目次

●第1部 序論



[第1章]イアン・マクニールと関係的契約理論[デヴィッド・キャンベル]

1 序論

2 古典的契約法に対する批判

3 関係的契約を同定する協力と規範

4 単発的契約規範と関係的契約規範

5 マクニールと契約の法と経済学

6 単発的契約と現在化に対する批判

7 マクニールの社会理論



●第2部 関係的契約理論



[第2章]交換と協力

2.1 交換再訪――個人的効用と社会的連帯

2.2 関係的契約としての政治的交換



[第3章]契約の性質と契約規範

3.1 関係的契約という考え方を妨げるもの

3.2 新社会契約論

3.3 契約の諸価値――外在的価値と内在的価値



[第4章]現在化と契約のスペクトルに沿った調整

4.1 (第二次)契約法リステイトメントと現在化

4.2 契約――古典的契約法,新古典的契約法,関係的契約法の下での長期経済的関係の調整

4.3 契約プランニング入門

4.4 関係的契約――われわれが理解している事柄と理解していない事柄

おわりに



[第5章]救済分析

5.1 契約の性質に関する論考

5.2 効率的契約違反――幻日環



[第6章]関係理論についての省察

6.1 ファーンズワースの「将来のための提言」に対する寸評

6.2 関係的契約という考え方を妨げるもの

6.3 社会学としての関係的契約理論――リンデンベルク教授とドゥ・ヴォス教授への回答

6.4 契約の世界と基本的契約理論



[第7章]関係理論を踏まえた教授法についての論評

7.1 契約――社会的協力のための道具(東アフリカの場合)

7.2 契約――社会的協力のための道具(東アフリカの場合)

7.3 契約――交換取引と関係



●第3部 後書き



[第8章]関係的契約理論――課題と質問

8.1 関係的契約理論――課題と質問



翻訳者による解説