書籍詳細:精神医学を視る「方法」

精神医学を視る「方法」

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,592円(本体価格 2,400円)
在庫僅少
発刊年月
2014.12(中旬刊)
ISBN
978-4-535-98419-6
判型
四六判上製
ページ数
224ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

大衆化する脳科学、EBMの普及、DSM-5の登場、精神科医療への毀誉褒貶――精神医学の現代的論点を一貫した方法で見通す。

目次

第1章 二つの「脳科学の大衆化」――ヴァーチャル/リアル両面に広がるダイナミクス

第2章 精神疾患の起源と「なぜなぜ物語」――進化学をどうとらえるか

第3章 「日本人らしさ」と「うつ病らしさ」――自己イメージは集団の概念とどうかかわるか

第4章 通じない私の「アハ体験」――多元主義序論

第5章 精神医学における「多元主義」とは

第6章 まとめるべきか、分けるべきか――DSM‐5出版を記念して「分類」について考える

第7章 精神科医に必要な素養とは?――アノニマスの砂漠、記名性のオアシス

第8章 精神療法と薬物療法――ステレオタイプの落とし穴

第9章 精神科の病気の境界は「あいまい」か?――精神科診断の難しさを考える(その1)

第10章 病気/健康の基準とは――精神科診断の難しさを考える(その2)

終 章 かつて存在したもの、新たに手にしたもの