書籍詳細:炭じん爆発

炭じん爆発 三池三川鉱の一酸化炭素中毒

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 17,280円(本体価格 16,000円)
在庫なし
発刊年月
1994.08
旧ISBN
4-535-58180-0
ISBN
978-4-535-58180-7
判型
A5判
ページ数
664ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

1963年11月9日、三池三川鉱で炭じん爆発が起こり、一瞬にして458人が死亡した。それから30年、CO中毒事件を見据えて、著者の長い旅が始まる。そこで見たものは水俣と同じ生産優先と人権無視の構図だった。

原田 正純

原田正純

炭坑

炭じん

CO中毒

目次

序 章 1963年11月9日のあの日から



奇妙な患者たち、長い苦しみの予感   「後遣症は残らなぃ」という嘘

公害・労働災害の3つの責任   将来に生かされる責任の追及

近代化のなかで流された血と涙



第一章 炭じん爆発



1 炭じん爆発とは

爆発じん雲   炭じん爆発の歴史   中国、日本の炭じん爆発

わが国最大の方城炭鉱事故   過去の三井三池の炭じん爆発

炭じん爆発の防止--岩粉による坑道の岩石化   発火源対策



2 三井鉱山三川鉱炭じん爆発

15時12分爆発はおこった   三川第1斜坑   原因究明へ地検が動く

二つの報告書   荒木鑑定書   不起訴処分--三井鉱山に責任はない

検察審査会の結論   第一斜坑の炭じんについて   荒木鑑定叩き   風化砂岩説



3 合理化の実態(炭じん爆発の背景として)

エネルギー革命   労働災害の増加

保安のサボタージュ   三池闘争



第二章 爆発から天領病院へ



1 被災状況

15時12分、その時   ガスの認知   第二斜坑内から坑底付近

350メートル水平坑道   0片人車乗場付近   9百貫八車乗場付近

14目貫乗場付近   21卸部内  26卸部内   岩盤26卸

25昇部内   36昇関係   350メートル坑道詰

350メートル坑道連排気道   450メートル坑道関係

三川鉱炭じん爆発罹災の総括



2 救助活動

安静はなかった   被災者による救援活動   救護隊の遅れと行動

救護隊員の被災   坑内での救急医療



3 管理医療

三井三池鉱業所病院   天領病院の歴史   出炭イコール出勤

坑内労働   三池の出勤督励   医療の独占



第三章 一酸化炭素中毒症



1 一酸化炭素(CO)中毒の症例

CO中毒の経過と病型   多彩な神経精神症状   わが国の報告例(三池以前)

予後について   シリトーの論文の怪々



2 クーリエ炭鉱の炭じん爆発事故による後遺症

炭坑地獄   パウル・ビオン(22歳)は子供になった

リンガルト・エミール(24歳)の暴力と幻視

タバリ・フルリ(26歳)のライオンの目つきと失語症

フニー・エクトール(38歳)道で病気になる恐怖   多彩な症状

奇跡の生還者はレジョン・ドヌール勲章をもらった

へンリー・バロニーは13年めに突然死した



3 病理学的考察

CO(一酸化炭素)の毒性   CO中毒の病理学的所見

神経系以外の毒性について

4 治療について

文献的考察   三池炭じん爆発当時の治療にたいする一般的な考え方

初期治療の実際   慢性期治療



第四章 三池の一酸化炭素中毒症



1 三池におけるCO中毒の特異性

被災状況の特異性



2 臨床症状の多縄杉さ

初期の精神症状   初期の神経症状   慢性期の症状

4年から10年め以後の後遺症   15年めから現在症   障害の程度

予後を決定したもの   組合原性疾患、神経症との関係

3 他の鉱山のCO中毒例

北炭夕張鉱山爆発事故の場合   山野鉱山爆発事故の場合

三池CO中毒の特異性とは

4 その後の三池以外のCO中毒の研究

高圧酸素療法(OHP療法)   病像と病理に関する知見



第五章 三池におけるCO中毒医療の実態



1 初期治療

三井のCO中毒にたいする緊急医療体制   救出直後の検診

安静の確保、保温、通風   重症者にたいする処置

急性CO中毒の治療   精神症状にたいする治療

入院と通院の選別   入院治療

在宅患者の実態   救護隊員の場合



2 慢性期治療の実際

三池における機能回復訓練   ランクづけによるリハビリ

石炭不足

三池におけるリハピリの問題点



3 職場復帰

治癒認定   治癒認定以前の坑内復職者

治癒認定後の坑内復職者   坑外職場復帰者

定年退職者   良好な社会復帰者   社会復帰調査



4 CO中毒患者の被害

後遺症のもつ深刻さ   労災で救済されたか   構造的被害



5 三池におけるCO中毒医療の総括



第六章 個々の患者の症状(原田正純作成診断書より)



1 重症者

相貌失認--清本正人(仮名)   防臭剤をボリポリ食べた--浦本正男(仮名)

敬礼、パーキンソン--西川学(仮名)   間歇型--石田軍蔵(仮名)



2 中等症

嫉妬--東山一夫(仮名)   アルコール依存--永浜忠雄(仮名)

じん肺とCO中毒--橋本博之助(仮名)   蒐集癖--中川岩夫(仮名)



3 軽症といわれる人たち

解雇--山本勝(仮名)   口内火火--池畠重敏(仮名)

離婚--西田隆博(仮名)   自殺企図--川島幸一郎(仮名)

ガスがなかった--江川治夫(仮名)   患者が救援に--勝長末二(仮名)

保安無視を抗議して命びろい--尾田一喜(仮名)   救護隊員--塚元忠(仮名)

夜逃げ・組夫の場合--谷川和行(仮名)



4 少し詳しい診断書

交通事故頻発、賠償神経症--大坪金章



第七章 行政の対応

1 生産再開が優先

三川鉱爆発川火軍ロ技術調査団



2 三井三池災害医療調査団

医療対策がはじまったが

内村報告書



3 三池医療委員会

構成と目的   三池医療委議事録

荒尾職能回復指導所

障害等級と治癒認定



4 CO特別立法

坑底座り込み   骨抜き



5 三池労組の果たした役割

分裂の傷あと・差別   被災者の要求

CO闘争   組合の功罪



第八章 三池CO裁判



1 10年めの告発

水俣と三池   1円か三井の全財産を

なぜ、爆発がおこったのですか   マンモス訴訟



2 裁判の争点

爆発の原因と企業責任   病像論   COガスを吸っていない

時効   信義則違反   金はいらん、もとの夫を返せ--妻たちの慰謝料



3 検証

悪夢の現場   生きる屍   脳に音楽が残った

4 和解と判決

和解勧告   三井鉱山の責任

損害を知った時   安い人の命と健康



あとがき--この本ができるまで

三井三池炭じん爆発関係年表