書籍詳細:遺伝子診断の未来と罠

シリーズ:こころの科学増刊

遺伝子診断の未来と罠

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,944円(本体価格 1,800円)
在庫あり
発刊年月
2014.09(中旬刊)
ISBN
978-4-535-90432-3
判型
B5判
ページ数
156ページ
Cコード
C9447
ジャンル

内容紹介

遺伝子検査の数値にひそむ確立という概念の複雑さ・あいまいさを問うまもなく、翻弄されてはいないか。遺伝子検査・診断現場のいまを追う。

目次

座談会1 遺伝子診断を超えて―新しい医療のさきがけ

…………………………………齋藤加代子・白井泰子・古川洋一・〈司会〉 増井 徹   



1.遺伝子診断の現状と課題



1.遺伝情報のもつ「固有性」とは…………………………………………白井泰子  



2.遺伝医学の遺伝学

 (1)シーケンシング技術進展にともなうゲノム医療の変遷…………井ノ上逸朗  

 (2)染色体異常の発生メカニズムと生物の多様性…………堤 真紀子・倉橋浩樹  



3.遺伝子検査技術のABC

 (1)がん研究者の立場から………………………………………………古川洋一  

 (2)遺伝子検査規制の立場から…………………………………………堤 正好  



4.遺伝学的検査の結果をどう解釈し、伝達するか………………………山内泰子  

 

5.医療者が知っておくべき診断ガイドラインと法制度…………………福嶋義光  



6.遺伝学的検査をめぐる国際的動向―欧米と中国の動き

……………………………………………………………岩江荘介・大守伊織・小杉眞司  



座談会2 拡大する遺伝子診断市場―混迷の時代のグランドデザイン

……………………………………鎌谷直之・菅野純夫・堤 正好・〈司会〉小杉眞司  



2.遺伝子診断で多層化する自己



7.遺伝カウンセリング…………………………………………………………川目 裕 





8.遺伝子診断の受診にかかる意思決定に際して……………………………宇都木 伸 



9.遺伝子診断で知る自己

 (1)難治性疾患の確定診断をめぐって………………………………………石浦浩之 

 (2)保因者診断をめぐって……………………………………山内あけみ・齋藤加代子 

 (3)難治性疾患の発症前診断をめぐって…………………………中村勝哉・吉田邦広

 

10.親の立場から、子どもの立場から

 (1)染色体疾患の出生前診断をめぐって……………………………………古庄知己

 (2)遺伝性疾患の出生前診断をめぐって………………………浦野真理・齋藤加代子



3.遺伝子診断が拓く医療のすがた



11.技術革新がぬりかえる医療―ゲノム治療への発展……………………齋藤加代子



12.遺伝子検査の新しい流れ

 (1)遺伝カウンセラーの立場から……………………………………………四元淳子

 (2)医療者育成の立場から…………………福嶋義光・古庄知己・涌井敬子・高野亨子

 (3)産婦人科医の立場から…………………………………………………………平原史樹

 (4)小児科医の立場から…………………………………………………………近藤恵里



13.新たな形の「パターナリズム」の提案………………………………………菅野純夫



まとめ わたくしのものであって、わたくしだけのものではない……増井 徹