書籍詳細:終身刑を考える

終身刑を考える

の画像の画像
  • 大阪弁護士会死刑廃止検討プロジェクトチーム
  • 紙の書籍
定価:税込 1,870円(本体価格 1,700円)
在庫あり
発刊年月
2014.09(中旬刊)
ISBN
978-4-535-52068-4
判型
A5判
ページ数
144ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

存廃論争の渦中にある死刑制度をさまざまな視点、事件から検証、検討し人権的視点から人の命を奪う刑に代わる量刑として終身刑を提起。

目次

はじめに

終身刑を考えよう

――金子武嗣



■ 第1部 ■

制度論から考える

――終身刑の導入と死刑について




パネリストの紹介



1 殺人など凶悪事件の動向とその背景

――「凶悪事件」は95年をピークに一貫して減少

■報告1 日本の犯罪動向、刑罰の動向、運用と死刑

      ――浜井浩一



2 体感治安について



3 日本の刑罰と受刑者



4 無期刑の現状

 ―― 厳罰化による無期刑の終身刑化



5 死刑判決の推移

 ――厳罰化と死刑判決の増加



6 死刑に対する世論調査



7 日本の死刑(絞首刑)

  ――絞首刑は残虐か



■報告2 絞首刑の残虐性をめぐる議論と経過

     ――石塚伸一



8 死刑と無期の現状



9 テキサスにおける死刑と終身刑(テキサス調査報告)

 ■報告3 テキサス州における終身刑導入の経過とその後

      ――布施勇如



10 報告に対する質疑応答



■ 第2部 ■

刑事弁護の最前線から考える

――終身刑の導入と死刑について




パネリストの紹介



1 死刑と無期の基準

■報告1 永山判決と死刑判決の状況

     ――永田憲史



2 光市母子殺害事件

■報告2 光市母子殺害事件について

     ――安田好弘



3 光市母子殺害事件と司法・メディア



4 光市母子殺害事件後の最高裁の動き



5 此花パチンコ店放火事件(裁判員裁判と死刑事件)



■報告3 此花パチンコ店放火事件について

     ――後藤貞人



6 刑事事件の弁護と事実



7 アメリカの死刑弁護



8 裁判員裁判後の死刑判決の状況



9 終身刑の導入について



10 おわりに





まとめ

――終身刑導入は厳罰化の加速にほかならないのではないか



イノセンス・プロジェクトの活動と死刑制度

――笹倉香奈

書評掲載案内

■2015年4月号『自由と正義』(評者:村井敏邦・一橋大学名誉教授)